話題の3Dプリンターを取り入れて効率化を図ろう

OA機器導入成功のために

複合機

選定でのチェックポイント

中古複合機の導入にあたって機器を選定する際は、その状態を確かめることが大切です。状態がよいほど安定した利用が期待できる他、壊れにくいなどメンテナンスでも余計なコストをかけることがなくなります。一つの基準としたいのが、これまでどのくらいの頻度で利用されてきたか、です。カウンタと呼ばれる何枚印刷したかの数値が、その複合機の状態の把握につながります。これが多いほど使い込まれた中古複合機と言えますので、できるだけ少ないものを選んだほうが得策です。また、給紙や印字の状態を確かめることも大切です。給紙に問題があると紙詰まりなどのトラブルを起こしやすくなり、スムーズな使用ができません。そして、かすれやにじみ、色合いなど印刷の不具合がないこともポイントになります。特に印刷のクオリティを重視する場合は、しっかりチェックして選ぶ必要があるでしょう。これらは店側で確認作業をし、整備して販売されることも多いですが、購入前に試し刷りなど稼働の状況がわかる機会を与えてくれるところで買うことをおすすめします。さらに、商品の動作保証がついていると安心です。中古の複合機だからといって、すぐ壊れてしまっては困ります。これらの保証は、一定の期間もし不具合があれば、無償で交換や修理、返金に応じてもらえる内容となっています。逆に言えば、品質に自信を持っていることの証左でもありますから、保証の有無は中古複合機を選ぶ際の大きな基準となるでしょう。