話題の3Dプリンターを取り入れて効率化を図ろう

3Dプリンタ

国内と海外の違い

3dプリンターを賢く選ぶには、海外メーカーより国内メーカーの端末を選ぶほうが、サポートや樹脂の交換、フィラメントの発送と到着が速く、国内ならではのメリットがあります。サポート対応は問題が起こりやすい3dプリンターでは必須なので、検討する時に注意しましょう。

複合機

OA機器導入成功のために

中古複合機選びでは、まず今までの使用頻度ができる限り少なく状態が良好なものを探しましょう。また、複合機の稼働の質を決める、給紙、印字の状態について自ら確認できる店での購入がおすすめです。購入後一定期間内に不具合に見舞われた場合も、無償の対応を約束する保証があることも、安心の利用のために大切です。

コピー機

宅配で簡単に届けられる

コピー機リースを始めるには、最初は電話かメールで連絡をして、カタログを送ってもらうと事務所にあった端末を選びやすいです。宅配で送ってもらえますが、設置までやってくれる業者の方が事務所の壁や床に傷をつけずに済むため安全です。

考えうる最高の製造機

3次元プロッタ

アタマの中をカタチにする

3Dプリンターを導入するメリットは測り知れません。かさばらない、作成コストが大幅に削減できる、人件費を削減できる、といいことづくめなのです。一般的な工業物の作成では、作業に適した場所(機材を置く工場)で、多くの過程(切断・溶接・整形・組み立てなど)を踏む必要があります。しかし3Dプリンターによる工業物の作成では製造過程を省略できるので、サイズが小さく場所を選びません。コンピューターで作成したデータを直接カタチにするので、多くの過程を踏む必要がないのです。小さなものは家庭用コピー機ほどで、金属加工用の大型なものでも冷蔵庫サイズです。また、カットやくり抜きで原材料を無駄にすることもないので、原材料費・廃棄コストの軽減にも一役買ってくれます。3Dプリンターは作者に技術力を求めないので、人件費の削減にも有効です。作者のすべきことはコンピュータで立体データをまとめるだけです。このデータを3Dプリンターに読み込ませれば、寸分の狂いなく工業物を作成してくれるのです。どんな素人でも設計図さえ書ければいいわけです。特殊技能を持った人材の採用や育成が不要となり、人件費を抑えられます。また3Dプリンターはイメージの明確化、作業効率の向上にも有効です。3Dプリンターならば鋳型や特別な手順は要りません。なので途中途中で気軽にカタチにできます。データだけでは説明しずらいことも、実物を持ち出しすればイメージが明確化し、意見交換が容易になります。作者自身も明確なイメージを得られ、データの上だけで完成形を作り出すよりも作業効率がよくなります。